【全仏2017】反骨のマレー

準々決勝を観戦したおかげで、絶賛寝不足です。
こんにちは、Aminoです。
昼休みにこれ以上ない爆睡していて、上司にツッコまれてしまいました笑

準々決勝残念でしたね。錦織VS”サー”・アンディー・マレー。
1stセットのクオリティは4回戦のベルダスコ戦のようでしたね。1stサーブの確率こそ50%前後と低い数字でしたが、マレーのセカンドアタックを全く苦にせず、確実にポイントを重ね、2ブレイク差で先取しました。
一方のマレーは2ndセットの序盤までトスの上げ直しが目立ち、第3ゲームでついにタイムバイオレーションを取られてしまいます。正直私も厳しい判定するなーとは思いましたね。
このポイントは2ndサービスからとなりましたが、錦織がここでリターンミス。流れを一気に持っていこうとした積極的ミスだと思いますが、ここは大きかったですね。去年の全米はじわじわとストロークで主導権取る戦法とは大分違いました。今思えばこれが本人が語る「焦り」の部分だったのかもしれません。
第3セットはタイブレークになりましたが、途中ブレーク先行され、直後ブレークバックする流れが2回ありました。でも2回のブレークバックに力を使いすぎたのかもしれません。1stが試合通して入らなかったので、マレーはいつでもブレーク出来ると感じていたのかもしれません。錦織選手の目線で考えると、2ndサーブでマレーのセカンドアタックの捌きながらって考えると、とんでもない消耗度であることは想像に難くないです。現にマレーのセカンドアタックは試合を進むごとに効果的になっていました。
もし錦織選手が第3セット取れていたとしても、やっと五分五分だったかと個人的に予想しています。

それにしてもマレーの反骨心には毎度驚きを隠せません笑。主審から警告出て崩れそうな場面を、逆に己を奮い立たせるきっかけにするとは。今シーズン結果が出ていなくても、やはり世界No.1なんですね。後半シーズンのマレーの復活にも注目したいですね。

スポルティーバで興味ある記事を発見しました。

テレ東の解説で言っていましたが、大会直前からマレーはイワン・レンドルコーチと合流したそうですね。記事に記されているドリル練習をマレーに課したのは、おそらくこのレンドルコーチだったのではないでしょうか。
マドリード・ローマで結果の出なかったマレーにひたすら反復練習を課し、自信をつけさせたマレー陣営とジュネーブでの試合を通し、試合勘と自信をつけさせた錦織陣営。それぞれの陣営で選択した全仏へのアプローチについては、8強に残った結果を残した時点で、間違ってはいなかったのでしょう。
マレーが「お互いがベストではなかった」と語る通り、最高の試合とならなかったかもしれませんが、全仏の準々決勝という高みで、選手個々の能力だけでなく、陣営の戦略を競い合う1戦だったんじゃないかなって想像すると、良い1戦だったと思います。半分くらい私の妄想ですけどね笑

全仏は残り3戦。頂点に立つのは土魔人かサー・アンドリュー・バロン・”アンディ”・マリーか新世代かか。赤土はまだ終わりません。

Amino

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加