全仏3回戦

錦織選手、2回戦も勝ちましたね。
こんにちは、Aminoです。

ジム行っていたので、あまり内容見れていないですがストレート勝利だったそうですね。あとで録画したの確認しますが、胸筋が少し痛いみたいですね。まぁ本人が大丈夫と話しているなら大丈夫でしょう。

3回戦は韓国のヘヨン・チュン選手です。ランキング現在67位の選手です。サーシャやキリオスやカチャノフらNewGenerationの1人でもあります。ちなみに錦織選手と同じIMGアカデミー出身だそうです。

チュン選手、実は2年前にもランキング60位台だったことがあります。ただ同じランキングでも2年前とは大きな差があります。それはチャレンジャー大会でランキングを上げたか、ATPツアーでランキングを上げたかの違いです。

2年前はチャレンジャー大会で優勝するなどしてランキングを上げましたが、2016年はATPツアーに多く出るも結果がなかなか出ず、ランキングを落としていました。
しかし2017年のヘヨン・チュン選手はまさしくATPツアーで上がってきています。クレーに限定すると、ATP250では、BMWオープンでベスト4、リヨンでベスト8。ATP500ではバルセロナでベスト8の成績を残しています。

今年勝利した相手も素晴らしいです。BMWオープンではガエル・モンフィス、マーティン・クリザンを撃破し、バルセロナではローマを制したサーシャ・ズベレフをストレートで倒しています。バルセロナの準々決勝ではナダルにこそ敗れはしましたが、1stセットは途中まで優位に進めていて、1stセットは取ってもおかしくない展開でした。

チュン選手を映像で見たのは、2016年全豪のジョコビッチ戦でしたが、良い選手だなと思っていました。2017年クレーシーズンで更に自信をつけているなら、今回も決して油断できる相手ではなさそうです。ラリーが続くタイプなので、錦織選手からするとやりやすい相手かもしれませんが、フィジカルに不安があるなら負ける可能性もあると思っています。ただフィリップシャトリエで試合する錦織選手も見たいので、ぜひ頑張ってほしいです。

さて今回も3回戦の注目カードを挙げて、終わりたいと思います。3回戦からはシード同士対決もありますので、見たいカードは多くなってきています。前回の2回戦で挙げた注目カード3つのうち、2つでちょっとした番狂わせがありました。キリオスVSアンダーソンは有り得ると思ってましたが、カチャノフVSベルディヒについては、カチャノフのストレート勝ちは予想してなかったです。

アンディ・マレーVSファン・マルティン・デルポトロ
ヘヨン・チュンVS錦織圭
リシャール・ガスケVSガエル・モンフィス
スタン・ワウリンカVSファビオ・フォニーニ
ディエゴ・シュワルツマンVSノバク・ジョコビッチ

上3つの番狂わせもあるかもと思っていますが、実は特に注目しているのは下2つ。
フォニーニは今年のクレーシーズンそこそこ負けたりしてますが、マドリード以降、調子を取り戻しつつあり、ローマではマレーに勝利しています。ワウリンカがGSモードに目覚める前の序盤~中盤なら、フォニーニにも十分勝利する可能性はあると思っています。

ジョコビッチはシュワルツマン戦を圧勝できるくらいの調子まで戻ってくれば、ナダルのV10阻止の1番手になることでしょう。ただシュワルツマンも去年のイスタンブールでATP初優勝を飾っているくらいクレーでは強いです。

ちなみに去年のイスタンブール戦の決勝カードのグリゴール・ディミトロフ戦は色んな意味で印象に残っています。興味がある方はYouTubeで見てみてください。

錦織戦はおそらく土曜日。本人も語っているように長いストローク戦が展開されることでしょう。とても楽しみです。それでは。

Amino

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加