筋持久力を強化しよう

こんにちは、Aminoです。

今日はテニス関連ですが、少しトレーニング的な話題です。
まず筋力トレーニング(通称:筋トレ)ってやっているでしょうか?
社会人からテニスやってそろそろ7年くらい経って、色々知り合いも増えて、たまに聴いたりするんですが、筋トレをやってる人は2.3割といったところです。

今年3月まで、インハイ個人戦出場経験のある方と練習させていただく機会がありました。その方はほとんどのストロークをボールの頂点で、ライジング気味で打つ事が得意で、私もその人に憧れて、最近練習しています。

ただ、ある程度の精度でこれを扱うためには、いち早く打点に入る筋瞬発力と、それを続ける筋持久力が今まで以上に必要になりました。

今まである程度筋トレはやっていました。ただどちらかというと筋肥大を図り、筋肉量を大きくすることをメインでした。最近は筋持久力の強化を少しずつやりはじめています。

ここからは私をたまに見ていただいているトレーナーさんから聞いた話ではありますが、筋持久力の強化は、「遅筋」というものを鍛えることと同義だそうです。逆に筋瞬発力は「速筋」を鍛えると強化されるそうです。遅筋・速筋の割合は先天的に決まっているようで、私はかなりの速筋タイプだそうです。

遅筋を鍛えるにはどうしたら良いか。よく言われているのが、低負荷・高回数のトレーニングを行うことです。またセット数を重ねる場合は、あまりレスト(休憩)を取りすぎず、セット間を空けないことも重要です。

ちなみに最近トレーナーさんの指導を受けているときに、行っている筋持久系トレーニングメニューは

1.足開いて、両腕に8~10キロダンベルを持って、デッドリフト気味にダンベル上げ下げ。たまに下げた状態からジャンプ
2.「1.」と同様、ダンベル持った状態でフロントランジ・ジャンプ
※文章のみで申し訳ございません。後日写真追加して再度更新します。
これをそれぞれ1セット15~20回を2~3セットやったりします。

まぁぶっちゃけ休みなしで行うの本当にきついんですね。あとダンベル持ってジャンプとか、ジムでは目立つので行いにくいですし笑
更に速筋タイプの私なので、結構難易度高いです。

でも筋持久力は思っているより大事です。やらないよりやった方が良いと思います。今回私も行っている、ある程度の設備があるジムで出来る筋持久メニューを紹介します。

それは縄跳びです。先程挙げた「ある程度の設備」とはダンスとかのプログラムで利用するスタジオのことなんですね。私が行っているジムではプログラムで利用しない時間は、スタジオが自由に利用できます。

色々跳び方ありますが、個人的には二重跳びをおすすめします。これを限界まで跳ぶのを2.3セットやるだけです。かなり鍛えられます。また縄跳びはリズム感も良くなります。

またテニスコート(オンコート)でも鍛えれます。最近出来ていませんが、少し前までやってたスペインドリルはおすすめです。球出し役は必要になりますが、8の字打ちとかベタですが良いですよ。体力だけでなく、技術力アップも図れます。

筋持久系のトレーニングはきつくて、なかなか自分で行う気になりにくいトレーニングではありますが、やっていない人が多いからこそ、やれば他と差をつけられます。めげずに頑張っていきましょう。(私も含めて)

Amino

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加