糖質制限を1週間やってみた!実感した効果を紹介します。

こんにちは、Aminoです。

本日は「糖質制限」について触れたいと思います。
インターネットで「糖質制限」と検索するだけで、先駆者たちの記事が山ほど出てくると思います。なので私はあくまで自分で実行した範囲を体験談として紹介出来ればと思っています。

全部書くと長くなるため、何回かに区切って紹介します。
今回はざっくりとした糖質制限の説明や、自分が定めているルールや

糖質制限とは

ざっくりというと、食事で摂取する糖質量を制限することです。
例えば、主食だとご飯やパスタやパン等は糖質がたくさん含まれています。
糖質制限時は、これらをあまり摂らないようにします。

ちなみに炭水化物ダイエットとはイコールではありませんので注意。

では何を食べればいいの?

私のやり方は詳しくは後述しますが、一般的にはご飯やパスタやパンの代わりに野菜や肉を食べることが多いようです。

普段どれくらい糖質取ってるのか

かなりざっくりですが、1食で80~100g取っていると考えて良いと思います。
なので、1日240g~300g。私もそうですが、間食する人はもっと多いでしょう。

筆者が行っている糖質制限

私の場合は、朝・夜・間食に糖質をあまり取らないようにしています。
具体的には朝・夜・間食の糖質は最大20gまでと決めています。
(さすがに限度はありますが)昼は制限していません。筋肉はあまり落としたくないので、、

これで1日の糖質量は約150g前後に落ち着きます。

食事のときに工夫していること

必ず何かを食べることです。食事抜きは超厳禁です。
あまり空腹状態を作ると、長続きしませんし精神上良くないです。
長続きすることが一番大事です。

チートデイを設定する

簡単にいうと「何食べても良い日」です。低糖質に身体が慣れすぎるとダイエット効果が薄まってしまいます。私は週に一度チートデイを設定しています。

身体の変化

体重・体脂肪の減少

糖質制限前は体重66kgで体脂肪10.5kgでした。
糖質制限を1週間行ったところ、体重64kgで体脂肪9.1kgになりました。
ちなみに筋肉は減っていませんので、純粋に体脂肪だけが1.4kg減りました。

その他の変化

実は最近気づいたのですが、「にきび」がほとんど出なくなり、心なしか肌ツヤが良くなったような気がします。

糖質制限の辛い点

ここまで良い事しか書きませんでしたが、辛い点も紹介します。

身体が糖質を摂ることに慣れていたせいか、糖質制限は最初の1週間がとっても辛かったです。ただ2週間目に入ると、糖質への欲求が減ってきてそこまで我慢している感じは無かったです。

まとめ

糖質制限は最初が一番効果が出やすいといわれています。
一度効果を実感すると、ダイエットを続けるモチベ―ションになります。
油断するとリバウンドしやすいといわれていますが、即効果を実感したい人はとてもおすすめです!頑張って長続きさせて、健康で良い身体を作りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加