Googleからのセキュリティ警告が届いた?

こんにちは、Aminoです。

今日Google Search Console Teamから「Chromeのセキュリティ警告を◯◯◯に表示します」という表題でメールが届いた人が多いのではないでしょうか?
内容は2017年10月からChromeのバージョン62からhttps対応出来ていないサイトでテキストなどのinput要素に対して、入力しようとすると、URL欄の左に「保護されていません」と表示されるというものです。

このブログは既に常時SSL化出来ていますが、出来ていないところも沢山あります。ちなみに私の勤めている会社のオウンドメディアも対応できていません(苦笑
メジャーなところだと、Hatena Blogは対応していないのか、ちょっとしたお祭りになっていますね。

この記事は Chrome セキュリティ チーム、Emily Schechter による Google Online Scurity Blog の記事 " Next Steps Toward More Connection Security " を元に翻訳・加筆したものです。また、...
Chrome 62からは、HTTPページのフォームにユーザーがデータを入力した場合、およびシークレットモードでHTTPページにアクセスした場合、アドレスバーに警告が表示される。

ある程度Webリテラシーのある方は、上記の記事とかで情報を得て、知っている方は多いと思いますが、必ずしも全てはそうではないということですね。

ちなみにGoogleは将来的にテキスト入力時に関わらず、常時「保護されていません」のテキストを表示させることも発表しています。

ただHttps化すると、検索順位的にも評価される対象になりますし、是非行うことをオススメします。
Webをよく使うユーザーの一人として、これを機に常時Https化が広がりますように・・・(あと私の会社のオウンドメディアも)

Amino

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加