SearchConsoleで「author がありません」が出たときの対処法

こんにちは、Aminoです。
自分でも忘れていたので、備忘録として記事にしたいと思います。
久々に自サイトのSearchConsole見ていたんですが、構造化エラーが全記事に出ていることに気付きました。

「authorがありません」というエラー。全記事なのでWordPressのテーマの設定かな?と思い、調べていたらこんな記事がありました。

ワードプレスの「Simplicity」というテーマを使ってブログを書いているんだけど、先日グーグルサーチコンソールを見て、たくさんエラーが発生してることに気づいた。グーグル解析ページの「構造化データ」という項目の「データタイプ:hentry」「マークアップ:microformat.org」の箇所で「updatedがあり...

そういえば、Simplicityのカスタマイズする際にチェック外したの忘れていました。
ただこれには理由があって、WordPressやってる方なら分かると思うんですが、WordPressのログインにはユーザーIDが必要で、これが(ほとんど?)投稿名と同じはずなんですよね。

simplicityの投稿者情報
simplicityの投稿者情報

なので敢えて投稿者情報を出さずにいたんですが、それが原因でSearchConsoleで構造化エラーを出す原因となってしまっていました。
ただここで1つ補足しておくと、構造化エラー自体はランキング要因とはされていないようです。なので修正する必要は特になかったんですが、やはりエラーが出ることは個人的に引っかかるので、Simplicityの投稿者情報に再度チェック入れてみました。

とりあえずこれでGoogleで再クロールされるまで様子見したいと思います。エラーが出なくなったら、この記事内で再度報告したいと思います。

たまにSearchConcoleを覗くと、思わぬ発見があるかもしれません。私も定期的に覗くようにしたいと思います。それでは。

Amino

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加